沖縄県にあり、青の洞窟の神秘はダイビングでも人気のあるスポットです。

青の洞窟は沖縄県の恩納村に位置し、那覇空港から約1時間ほどで行くことができます。沖縄県内で人気の高い美ら水族館からも近く、アクセスが良いので観光にも最適な観光地となっています。

青の洞窟の神秘は海水の浸食によってできた海蝕洞のひとつで、洞窟内部の海面が太陽光で反射することによって青く輝くことから青の洞窟と呼ばれるようになりました。青の洞窟の神秘的な景観を楽しむためにはスキューバーダイビングが最適で、多くのダイバーがその景観を楽しむために沖縄県に訪れてきます。

洞窟内に済んでいる多くの種類の魚は人に慣れていて、シュノーケリングやダイビングを楽しんでいると魚が寄ってきます。また、サンゴの種類も豊富で、青く照らされたサンゴ礁は一見の価値があります。青の洞窟の神秘を満喫するにはシュノーケリングとスキューバーダイビングの2種類がありますが、いずれも初心者の場合は多くの危険を伴います。青の洞窟の近辺には多くのダイビングスクールがあるので、体験ダイビングによって楽しむ方法が安全性の上でも最適な方法です。地元には経験が豊富なダイバーが多くいるので、インストラクターガイドを利用することで快適に楽しむことができるでしょう。